人生の目的とは

  • 2017.07.08

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 「神との対話」の一部を引用しながら 内容を解説するシリーズ。 今回は第1章の9回目になります。 前回は、心の声にしたがう という話でした。 今回はその続きになります。 前回、あらゆる生命の目的は 「できるかぎりの栄光を体験する」ことだ、 という話がありました。 そのことについて、こう続けます。 「この目的のすばらしいところは、 決して終わりがないこと […]

心の声にしたがう

  • 2017.07.07

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 「神との対話」の一部を引用しながら 内容を解説するシリーズ。 今回は第1章の8回目になります。 前回は、愛と不安の関係 という話でした。 今回はその続きになります。 「あなたがたはもちろん、 不安に支えられた行動を選択する。 そう教えられてきたからだ。 だが、教えてあげよう。 愛に支えられた行動をとれば、 生き延びるだけでなく、 勝利するだけでなく、 […]

愛と不安の関係

  • 2017.07.06

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 「神との対話」の一部を引用しながら 内容を解説するシリーズ。 今回は第1章の7回目になります。 前回は、愛と不安の間を揺れ動く という話でした。 今回はその続きになります。 前回、紹介した部分ですが、 さらに詳細に見てみたいと思います。 前回、愛と不安しかないのだ、 と書かれている部分を引用しました。 その続きがあります。 「これが、 「支える思考」 […]

愛と不安の間を揺れ動く

  • 2017.07.05

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 「神との対話」の一部を引用しながら 内容を解説するシリーズ。 今回は第1章の6回目になります。 前回は、愛はプロセスを気にしない という話でした。 今回はその続きになります。 前回、プロセスについてはあまり気にせず、 結果について深く懸念することが、 神の二分法に近いという話をしました。 そのことについて神は、 実は結果についても気にしていない と言 […]

愛はプロセスを気にしない

  • 2017.07.04

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 「神との対話」の一部を引用しながら 内容を解説するシリーズ。 今回は第1章の5回目になります。 前回は、感謝によって創造する という話でした。 今回はその続きになります。 「あなたの生き方はあなたの生き方であって、 わたしはそれを、 良いだの悪いだのと判断したりしない。」 (p.28) これは、前回の最後に引用した部分です。 これに関して神は、次のよ […]

感謝によって創造する

  • 2017.07.03

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 「神との対話」の一部を引用しながら 内容を解説するシリーズ。 今回は第1章の4回目になります。 前回は、自分の内面に神を見る という話でした。 今回はその続きになります。 神が見えないと信じていれば神は見えない、 というのが前回の最後でした。 そこで話題を変えて、 信じることと現実についての話になります。 「あなたは求めるものを手に入れられないし、 […]

自分の内面に神を見る

  • 2017.07.01

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 「神との対話」の一部を引用しながら 内容を解説するシリーズ。 今回は第1章の3回目になります。 前回は、経験に神のメッセージを聞く という話でした。 今回はその続きになります。 ニール氏は、 イエス・キリストなどは、どうして 神と上手くコミュニケートできたのか? と尋ねます。 それに対して神はこう答えます。 「ほんとうに耳を傾けようという意志を もっ […]

経験を大切にする

  • 2017.06.30

  こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 前回から 「神との対話」シリーズから引用しながら 内容を解説しています。 前回は第1章から、神とのコミュニケートは、 感情、思考、経験によって行われ、 滅多に言葉は使われないという話でした。 今回はその続きになります。 「わたしのメッセージはつねに、 あなたの最高の考え、最もくもりのない言葉、 最も偉大な感情である。 (中略) 最高の考えには、必 […]

神とのコミュニケーション

  • 2017.06.29

こんにちは! 幸せ実践塾塾長の赤木あつしです。 さて今日は、神とのコミュニケーション という話です。 私はみなさんに「神との対話」シリーズを ぜひ読んでいただきたいと思っています。 なぜなら、これまでの価値観を一変させ、 私たちを間違いなく幸せに導いてくれると 思っているからです。 ただ、この本の内容がわかりにくい、 という話も聞きます。 神と著者のウォルシュ氏との会話なので、 話があちこちに飛ん […]

1 53
العربية简体中文EnglishFrançaisDeutschItaliano日本語PortuguêsРусскийEspañolไทย